キャンパブについて詳しく知りたい人必見

MENU

キャンパブの概要

東海地方でキャンパブというものが流行っています。

 

名古屋をはじめ東海地方の風俗業界を席巻しつつあるのがキャンパブです。

 

キャンパブという言葉をはじめて聞く人も多いかと思いますが、キャンパブというのは
キャンパスパブ」の略称で、サービス的にはピンサロに近いと言われています。

 

パブなのでお酒を飲む場所でもあります。
女の子は男性客とお酒を飲んだりして、キスやフェラチオ、手コキなどのサービスをしてくれます。

 

ポイントは飲食業の許可で店を運営しているという点でしょう

シャワーがないのが特徴で、女の子が服を脱ぐこともありますが、服を脱がずに性的サービスをすることもあります。
シャワーを浴びずにフェラチオをすることから、即尺できる店ともいわれています。

 

またキャンパスというワードを使っていることがポイントで、女子大生や学生を連想されるため、20歳前後の若い女の子が多く在籍しているのが特徴です。
コスチュームも女子高生のセーラー服などを採用しているところが多く、制服好きにはたまらない場所となっています。

 

素人、学生だけでなく人妻や熟女を売りにしたキャンパブサロンも多いのも注目すべきポイントです。あまりロリータ好きやアイドル好きではないという人でも、それなりに楽しめるところとなっています。

 

キャンパブはピンサロと同じようなサービスなので、即尺や生フェラが基本的なサービスとなります。男性器をフェラチオする前には、おしぼりで拭いてからサービスにうつる場合が多く、シャワーを浴びないことがキャンパブやピンサロの特徴といえるでしょう。

 

そういった意味では、衛生面ではあまりおすすめできないのが現状です。
キャンパブにとってシャワーがないことで不衛生になってしまうのが、キャンパブのデメリットのひとつです。

 

また性的サービスとアルコールやドリンクなどを同時に楽しめるのもキャンパブの一つのメリットといえるでしょう。
飲みながらエロいことをしたいという人にはおすすめの風俗です。

 

キャンパブは飲食店やキャバクラとして届け出ているということも多いのが特徴です。